猫ちゃんの血便に要注意!ちょっとでも血便を疑ったらスグ病院へ!

IMG_20160823_235723

言葉を話さず、体調が悪い時は隠れてしまう猫は、その特性から病気を早期発見することが難しい動物です。そんな猫の健康状態を知ることができるのがうんちです。便秘気味なのか下痢っぽいのか、ということを見極めるのも大切ですが、緊急度が高く獣医さんの診察を必要としているのが血便です。うんちに血が混じっている状況というのは、明らかにからだの異常を示すサインですよね。ここでは、血便の種類によって考えられる病気と、猫が血便をしたときの対処法についてまとめました。

なぜ血便が出てくるの?

猫が口から飲み込んだ食べ物は、食道を通って胃に到達し、そこから小腸へ送られ大腸を通って便として排出されます。その食べ物の通り道である消化管のどこかから出血をしていると、血便が出てくるのです。胃や小腸が傷ついているときの血便と、大腸が傷ついているときの血便は、見た目が異なりますが、いつもと違う色のうんちが出てきたら、まずは注意深く観察することが必要です。

猫の血便にはどんなものがあるの?

うんちに鮮血が混じっている

便が排出される直前に血がついていることから、大腸から肛門付近のどこかで出血をしていることが考えられます。鮮血が付いているので、ひと目で血便とわかるはずです。

鮮血がまじっている血便から考えられる病気

・大腸炎

植物アレルギーや寄生虫・細菌感染などが原因で、大腸が炎症を起こしている状態です

・大腸にできる腫瘍

悪性腫瘍(ガン)やポリープができていると考えられます。

・異物誤飲

猫が誤って異物を飲み込んでしまい、それが腸に刺さったことで出血している場合もあります。

・鉤虫症

鉤虫と呼ばれる寄生虫が体内に侵入することで発症します。腸の中に鉤虫が住みつき、腸の粘膜に噛みついて血を吸うため、便に血がまじることがあります。

・猫汎白血球減少症

パルボウイルスが原因で、重度の腸炎を引き起こします。激しい下痢や嘔吐で衰弱していき、致死率も高い恐ろしい病気です。

便全体が黒っぽい

炭のような黒っぽい色の便も、実は血便です。便を排出するよりもかなり前の、口から食道・胃・小腸にかけて出血している場合に、このような血便が出るのです。出血している場所が違うだけで、緊急性は鮮血が付いている血便と同じです。もしこのような血便が出ていたら、すぐ病院へ連れて行きましょう。

黒っぽい血便が出たときに考えられる病気

・猫汎白血球減少症

パルボウイルスが原因で発症するこの病気では、便に鮮血が混じることもありますし、黒い便が出ることもあります。

・小腸にできる腫瘍

猫の小腸にできる癌は悪性である可能性が高く、転移しやすい傾向にあります。下痢や嘔吐、体重減少など、血便以外にも様々な症状が出るケースが多く見られます。

・胃の異常

食べ物による中毒や胃潰瘍などによって、胃が炎症を起こしている状態です。嘔吐をする場合が多く、血便になるほど出血しているのであれば、吐いた物の中に血が混じっていることがほとんどでしょう。

猫が血便をしたときの対処法

動物病院に連れていくタイミング

血便は明らかにからだの異常を示すサインです。原因となる病気には緊急性が高いものが多いので、気付いたらすぐに動物病院に連れていきましょう。便秘で肛門が切れているようなケース以外は、夜間や休診日だったとしても緊急病院に連れていくなどして、早急に対応をした方がいいでしょう。

血便かどうか自分で見てもよくわからないときは、まずは獣医さんにうんちを見てもらうといいと思います。

病院に行くときは必ずうんちを持っていきましょう。

なにが原因で血便が出ているのかを調べるために、便検査をする場合がほとんどです。そのため、病院に行くときは必ずうんちを持っていきましょう。排便をしてから、なるべく時間が経っていない状態が理想です。持ち運ぶときはラップで包んだりタッパーに入れたり、袋に入れて口を固く結ぶ等して、空気になるべく触れないようにしましょう。

そのほか、血便が出て病院に行く際に、獣医さんに伝えるべきポイントをまとめておきますので、ご参考にして下さい。

・ぐったりしていないか。

・食欲はあるかないか。

・異物を飲み込んだりしていないか。

・嘔吐や下痢など、血便以外の症状はみられるか。

病院で獣医さんに聞かれたときに正確に情報が伝えられるよう、事前に整理しておくことをオススメします。

うんちは猫の健康バロメーターをはかる上で、非常に大きな役割を持っています。もしおうちの猫ちゃんが血便をしたとき、すぐに気付いてあげられるよう、またすぐに対応してあげられるように、常日頃からトイレの様子をチェックして、猫ちゃんが健康に生活できるよう見守ってあげてくださいね!

便秘、下痢のときは、‘獣医師が解説!猫ちゃんの便秘と下痢への対処法’も合わせてご覧ください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る