~老猫の介護~ 高齢の猫ちゃんが過ごしやすいお部屋

猫のいる生活

高齢の猫ちゃんと一緒に暮らすためには、猫ちゃんが安全に暮らせるよう住環境を整えてあげる必要があります。足腰が弱った猫ちゃんのために段差をなくす、口にすると危険な観葉植物を取り除く、床材を歩きやすいものに変えるなど、できるだけ猫ちゃんが自力で移動できるよう工夫してあげたいもの。とは言え、あまり急激に変えてしまうと猫ちゃんが戸惑ってしまいます。高齢の猫ちゃんにストレスは大敵! とくに模様替えや引っ越しなどによる住環境の変化は、猫ちゃんに大きなストレスを与えてしまいます。猫ちゃんの動きを見ながら、少しずつ変えていきましょう。

段差をなくす

野生で暮らしていた頃、猫は敵から身を守るため高いところを好んで暮らしていました。そうした習性から老齢になっても高いところに上ろうとしますが、筋力が衰えているため転落の危険性が高くなります。そこで、キャットタワーなど、落下の恐れがあるものは取り除きます。さらに、タンスや本棚など、それまで猫が上がり下りしていた高い場所には物を置くなどして上がれないようにします。もしソファの上など、猫のお気に入りの場所が少々高いところにある場合は、適当な高さの台を用意するなど、足腰に負担がかからないような工夫をします。また、階段の前にはフェンスを置くなどして猫が登らないようにしましょう。

部屋にある危険物を取り除く

ポインセチア ヤマユリ
猫にとって危険な植物

飼い主さんが何気なく室内に置いてある中にも、猫にとって危険なものはたくさんあります。一番は観葉植物で、猫にとってもっとも危険な植物といわれているのがユリの花です。植物の中ではもっとも毒性が強く、猫が口にすると急性腎障害を起こしてしまいます。中毒症状から死に至ることもありますので、決して口にしないよう気をつけてください。また、花や葉を口にしたり、さらには体についた花粉を舐めたりするだけでも中毒になる恐れがあります。育てやすいことから人気の高いポトス、クリスマスシーズンにおなじみのポインセチアも猫には危険な植物ですので、室内には置かないようにしてください。こうした植物による中毒は、老齢、または病気を患い抵抗力が弱っている猫にとっては命取りになりかねません。

室温管理は慎重に

年齢を重ねるにつれて猫は体温調節が難しくなります。猫は暑さには強い動物なので、熱中症にはかかりにくいといわれています。ただし、真夏の猛暑の中、閉め切った室内で過ごすようなことがあれば、健康な猫でも熱中症に似た症状を引き起こしてしまいます。体力がなくなっている猫であれば、ダメージはより深刻です。猫にとっての適温は、夏は最高でも28度、冬は22〜24度です。冷やし過ぎや暖め過ぎには注意しましょう。

冬場に気をつけたいのがこたつの温度調節です。こたつの中で寝るのが好きな猫は多いです。でも、電源が入ったままのこたつに長時間入っていると熱中症を起こす危険性があります。人間にとっては適温でも猫にとっては暑すぎることも。こたつの中に猫がいる時は電源をオフにしたほうが安全ですし、もしついたままなら、時おり様子をチェックし猫から目を離さないようにしてください。また、冬は乾燥しがちなので、猫がいたずらをしないようであれば加湿器を使うようにしましょう。快適な湿度は50%が目安です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る