ボンベイ(猫図鑑)

ボンベイ
英表記:Bombay
誕生国:アメリカ
誕生年:1958年
タイプ:セミコビータイプ
毛種:短毛種
目色:ゴールド・カッパー
公認毛色: ブラック
体重:オス 3.8kg~5.2kg/メス 2.5kg~3.8kg

筋肉質な体つきとしなやかな身のこなしは小さな黒豹さながら。黒豹が生息するインドの都市ボンベイからその名がつけられました。被毛だけではなく、お鼻も肉球も真っ黒。そんなクールな見た目とは裏腹に、飼いやすい猫として知られています。

歴史

1958年、アメリカのケンタッキー州に猫舎を持つニッキー・ホーナーが小型の黒豹を目指して、チャンピオン猫であるセーブルのバーミーズと金色の瞳を持ったブラックのアメリカンショートヘアーを交配させたのがはじまりです。その時に生まれた子猫は「貧弱なアメリカンショートヘアー」にしか見えず、ニッキーはそれから数年かけて理想の黒い猫を作ろうと試行錯誤を繰り返しました。そして1976年、ようやくボンベイは新しい猫種としてCFAに登録され、以降1980年代には多くの猫血統登録団体も公認登録を行いました。

特徴

小型の黒豹のような体格に、ゴールドからカッパーの大きくやや離れた目を持っています。大きな目は1ペニー硬貨のサイズとも言われます。また、無駄のない美しい筋肉を持ち、脚は長く、しっぽはムチのように先端に向かい細くなっています。

被毛の特徴

ボンベイの被毛は短毛で皮膚に密着するように寝て生えています。手触りはサテンのようです。雑種の黒猫がふわっとした被毛を持つのに対し、ボンベイの被毛はエナメルのような艶があります。

性格

アメリカでは「もし、犬、猫、猿のいずれかを飼うか迷っているなら猫のボンベイがおススメ」といわれているくらい、ボンベイは飼いやすい猫です。ボンベイはバーミーズから受け継いだ愛情深さとアメリカンショートヘアー譲りの明るい性格を持っている猫です。環境の変化にもすぐに対応する事ができ、子供や他の猫などのペットを含めた家族の誰とでも仲良くします。ただ、その活発な性格ゆえ、人が読んでいる新聞の上を横切ったり、パソコンの上に乗ったりと、少しいたずら好きな猫も多いようです。

生活環境

Bombayボンベイは活発で好奇心が強く運動が好きな猫です。高い所も好きなので、キャットタワーを用意するなど、上下運動のできる場所を確保してあげましょう。また、甘えん坊な一面もあり、十分にかまってあげないと注意を引くために、部屋を散らかすなどのイタズラをしてくることがあります。

グルーミング(お手入れ)

ボンベイのお手入れは、週2~3回のブラッシングで十分です。なでるだけでブラッシング効果はありますが、成猫になってから急にブラシをかけると嫌がることもあるので、子猫のうちからブラッシングに慣れさせておくようにしましょう。

注意すべき点

バーミーズとアメリカンショートヘアーのハイブリッドであるボンベイは、それぞれの猫種がかかりやすい疾患の傾向を受け継いでいます。
バーミーズは歯周病などの歯科疾患が比較的起きやすいことが知られています。高齢になるほど歯石がたまりやすく、歯根から入った菌が他の臓器の疾患の原因になることもあります。猫の歯を磨くのはやや難しいですがおうちでやってみましょう。
ボンベイのもうひとつの祖先猫であるアメリカンショートヘアーは肥大型心筋症の好発猫種として知られています。この病気は中高齢以降に発症することが多いのですが、重篤な場合は若いうちから発症することもあります。少しでも様子がおかしい場合は、病院に行ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る